株式会社モリギン > MGC-Morigin column- > vol.10 自由蝶番のバネの調節方法

MGC-morigin column

お客様からお問い合わせいただいた住宅金物に関する質問・相談と、それに対する回答を写真付きで詳しくご紹介しています。

MGC-morigin colum vol.10 自由蝶番のバネの調節方法

 

こんにちは!

㈱モリギンのしばやんです!

 

 

すこぶる寒い日が続きますが、みなさんお元気でしょうか?

私は風邪(と寒さ対策)によりマスクをしながらMGCを打っています……。

 

 

みなさんはそうならないように!

DIYをして体をぽかぽかあっためてくださいねー!!(><)

 

 

 

 

ということで!

今回は、お客様からお問い合わせのあった

自由蝶番のバネの調節方法について、ご紹介いたします!

 

 

そもそも自由蝶番とは!

 

自由蝶番

 

内蔵されたバネの力によって、

自動で扉が閉じた状態に戻る蝶番です。

そしてバネの力を自由に調節することができます。

(下図の矢印の方向に閉まる力を調節できます。)

 

 自由蝶番

 

 

これでどんな扉ができるのかというと、

西部劇でよく出てくるバーの扉や、バーカウンターで使われている扉を

イメージしてください(’ω`)♪

 

 自由蝶番   自由蝶番

 

  

 

 

また、自由蝶番には両開き片開きがあります♪

手前側と向こう側、どちらにも動くのが両開き

片側にしか開かないのが片開きです。

 

一般的には、下の図のように開閉する両開きのほうが需要があります。

自由蝶番

 

 

 

 

それでは手順を紹介します!

今回は当社でも取扱っている、両開きのタイプで説明します♪

 

ひとりでも簡単にできちゃいますよ★

 

 

自由蝶番    

 

①まずは自由蝶番を穴が上になる向きで柱や扉に取り付けます。

 

自由蝶番の取り付け

 

板厚がある木部に取付けようとすると、芯棒が木部に

ぶつかってしまうので、その場合は枠や扉に角材を取り付けた後、

自由蝶番を取り付けるなどをして工夫をしてください。

 

 

自由蝶番

②付属の棒を穴に差し込みます。

 

自由蝶番

矢印の方向に棒を回し、出てきた穴に付属のピンを差して

 ストッパーにし、バネが戻るのを防ぎます。

 

 

自由蝶番

④調節部分をより回した箇所でピンを差すと、

 扉が閉まろうとする力がより一層強くなります。

 

 

 

お好きな強度の位置にピンをセットできたら、調整完了です☆

 

 

 

 

どうでしょうか?

覚えてしまえば簡単にできると思います(^ω^)

 

しかしバネの強さを強くした際に、

指を挟まれないよう注意してくださいね。

 

 

 

 

ちなみに、当社では両開きタイプを扱っておりますが、

材質はステンレスの2タイプございます♪

 

鉄は黒塗装グレー塗装があり、

グレー塗装は64、76、102、127の4サイズ。

黒塗装とステンレスは64、76、102の3サイズございます♪♪

 

自由蝶番の詳しい寸法や、その他の当社取り扱い蝶番は蝶番 取扱い商品一覧のページをご覧下さい。

電子カタログで商品の寸法を見ることができます!

 

 

何かございましたら、お気軽お問合せフォームからお問い合わせください。

 

 

 

 

今年もモリギンホームページに足を運んでくださり、

誠にありがとうございました!!!

 

来年もDIYに関する記事をバンバン更新していきます!

2015年もMGCをよろしくお願いいたします!!♪♪♪

 

それでは、よいお年を~!!(^O^)

 

 

 

 

MGCでは、お客様からお問い合わせいただいた住宅金物に関する

質問・相談と、それに対する回答を写真付きで詳しくご紹介していきたいと思っております。

ぜひ、お問合せフォームからお気軽にお問合せください。

感想だけでも結構です♪お待ちしております!