株式会社モリギン > MGC-Morigin column- > vol.26 スタックヒンジとは?

MGC-morigin column

   

お客様からお問い合わせいただいた住宅金物に関する質問・相談と、それに対する回答を写真付きで詳しくご紹介しています。

MGC-morigin colum vol.26 スタックヒンジとは?

 

こんにちは!

株式会社モリギンのAKです(^^)

 

気づけば年末になってしまいました!申し訳ありません!w

そろりそろり(-^o^)- と更新行っているゆるゆるコラムです。

お許しください…(><)

 

 

 

 

 今回は新商品「スタックヒンジ」の使い方のご紹介をしますよ(^З^)

 

 

スタックヒンジとは?

 

スタック=重ねられる

という意味のある蝶番で、重ねられるボックスの作成ができる蝶番です。

別名「スタッキングヒンジ」とも言いますね(^^)

 

 

 

 

モリギンでは、シルバーと黒の2色をご用意しています。

 

 

木材をつけて組み立てると…!?

 

 スタッキングヒンジ

 

 スタッキングヒンジ

 

先に完成品を見せてしまいますと、こんな感じです(^^)

意外とオシャレですよね!♪

 

スタッキングヒンジ

 

また、蝶番の機能ももちろん兼ね備えているので、

使わない時は折畳んで省スペースで収納ができます。

 

 

 

それでは、参考までに作り方をご紹介したいと思います!!

 

 

名称未設定-1.jpg

 

 

先ほど写真を載せた完成品を作る場合…

大きさは大体このくらいになります。

スタックヒンジ8枚使用して、2段分にした時の大きさです。

 

※高さ約460ミリのところは、キャスターの大きさにより変動します。

 

木材は、安価で手に入りやすい1x4材を使用して作成しました★

 

 

【必要部材】※写真を参照

 

①枠(長い方) 1x4材 長さ375ミリ 8枚

②枠(短い方) 1x4材 長さ245ミリ 8枚

③底板 お好きな木材 430x300ミリ 1枚

④その他 自在キャスター 4個

     トラスタッピングネジ 3.5x12 64本

     (スタックヒンジ黒の場合は、ビス穴が増えるため、80本)

     塗料(お好みで!塗らない方もいます♪)

 

 

※箱の寸法を変える場合※

 

(①の長さ+55ミリ)×(②の長さ+55ミリ)が底板の大きさになります!

 

 

※底板の厚みについて※

 

底板の厚みはお好みでお選びください。

キャスターを付けない場合や、キャスターの高さが低い場合は、

厚みが30ミリ程ある板を選んだ方が金具の出っ張りが床に干渉しなくなります。

 

 

 

 

 

以上が必要部材になります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

木材のカットについては大型のホームセンターに行くと、

木材カットコーナーがございますので、そちらを利用してみてください(^^)

 

 

 

 

次に作業手順のご紹介です♪

 

 

【作業手順】

 

 

 木材をカットして、色を塗る

 


 

 

木材を寸法通りにカットした後、オイルステイン系の塗料を塗布しました!

ステインは乾きも早いのと、木目のラインが見えるのでナチュラルな仕上がりになります。

 

 

 

 

サイドの木口は、ヒンジで隠れてしまうので塗料は塗らなくてもOKです♪

 

 

 

 

②スタックヒンジに取り付けをする

 

 

 

短い板と長い板を交互に取り付けていきます。

 

 

 

 

ビスは今回は、「ユニクロトラスタッピング 3.5x12」を使用しました。

穴径が5.3ミリなのと、1x4材の板厚が19ミリなので、これが丁度良いサイズかと思います!

 

 

 

さて作業を続けます!

1段につき、4枚蝶番を取り付けなくてはいけないので、

どんどん交互につけていきます。もくもく作業です(゜w゜*)

 

 

2枚目~

 

 

3枚目~

このあたりからバランス取りづらくなるので、

下に厚みのある雑誌や板など置いてバランス取りましょう!

 

 

 

4枚目をつける時は、いよいよ四角くなります!

 

 

 

この作業を2段分!行います!!(頑張りましょう!!)

 

 

 

 

③底板を作る

 

 

次に底板の作成です。

 

最初の必要部材の時に説明がありましたが、底板の厚みは自由になります。

推奨はキャスターの高さ合せて30ミリ程になることです。

 

 

 

今回は2x4材が会社に余っていたので、厚みを出すために取り付けしてみました。

 

 

 

 

 

次にキャスターを取り付けします。

 

 

キャスターは自在タイプを使用しました。

 

 

 

四隅にキャスターを付ければ、底板の完成です♪\(^o^)/

キャスターがあることによって、動きがすいすい~~~!!

 

 

 

 

④重ねて完成!

 


底板が完成したらいよいよ組合せて完成でーす!

 

 

まず1段!これだけでもまあまあ物が入りそうですが…

 

 

 

更に重ねてみましょう!

2段目どーーーーーん!!!!!!!

 

スタッキングヒンジ

 

寸法がぴったりできましたのでスムーズに組立てられました(^^)

 

※重ねる時や折畳む際は、指を挟まないようにご注意ください!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて、完成品をベランダに設置してみました!

 

キャスター付なので、雨の日は窓際に避難もしやすい!

 

 

 

 

 

 

え、、、おしゃれすぎない??????

 

やだぁ~どんだけ~~~~~~~!!!!!!!!★♪****

(○ョコレートプラネットにハマっているのが露骨)

 

 

 

オシャレだし、利便性もあり主婦の味方ですね!

取手付けると重ねる作業がしやすいのと、

ステンシルを施しても個性が出ますね!

アイデア次第で、お好みのオリジナルボックスを作ってみてください(^o^)★

 

 トランク取手を付けて、ステンシルを施したver.

 

 

ぜひ皆さんもトライしてみてくださいね~!!!(^^)

以上、スタックヒンジのご紹介でした★

 

 

 

 

 

スタックヒンジの詳しい商品情報はこちらからご覧になれます!

 取扱製品一覧

 

ご購入はこちらから!

モリギン通販サイト「森の金物屋さん」

 

 

 

 

 

MGCでは、お客様からお問い合わせいただいた住宅金物に関する

質問・相談と、それに対する回答を写真付きで詳しくご紹介していきたいと思っております。

ぜひ、お問合せフォームからお気軽にお問合せください。

感想だけでも結構です♪お待ちしております!